リスティング広告キーワードの掛け合わせ、どうやって作っていますか?

リスティング広告の運用者にとって、 KARABINER(カラビナ) や キーワード掛けあわせツール などのウェブサービスは、パパッと掛け合わせが作れてとても便利ですね。私もよく利用しています(いつもありがとうございます!)。

あとはExcelのCONCATENATE関数や文字列結合を使う方も多いでしょう。

ただどれも、キーワード数の上限があったり、Excelだとふたつしか掛け合わせできなかったり、掛け合わせたあとの工程が面倒だったりして、これらが解決できればさらに楽になりそうだなと思ってました。

 

そこで私はそれらの問題をクリアする、Microsoft Accessを使う方法を紹介します。

Accessを使う利点は、

  • キーワード数や掛け合わせ数の制限が無い
  • キーワード数が増えても、作業工数は変わらない
  • 掛けあわせた後のキーワードを並べ替えなくてよい
  • 絞り込み部分一致の「+」を、Accessは計算式と認識しない
  • 3語の掛け合わせと一緒に、2語の掛け合わせも作れて楽

などです。

Accessを使った掛け合わせの手順

ここでは「大分市の地名と、整骨院の類語と、ランキングなど補足キーワード」の3つを掛け合わせて作ってみます。

手順は3段階あります。

  1. 掛け合わせごとにテーブルを作る
  2. クエリを作る
  3. 実行

1. 掛け合わせごとにテーブルを作る

これはテキストファイルやExcelのデータを貼り付けるだけでOKです。

地域テーブル、整骨院の類語テーブル、補足系キーワードのテーブル、3つ作ります。

 

まずは「作成」→「テーブル」を選択し、

access001

Excelからコピーしてきたデータを、

access002

右クリックして「フィールドとして貼り付け」を選びます。

(ちなみにIDというフィールドが自動で作られますが気にしないでください)

access003

後でわかりやすくするため、ここに「地域名」というフィールド名を付けておきます。

access004

これでひとつテーブルが完成です。いろいろ言ってますが、要はコピペしただけです。Ctrl+sで、「地域名」というテーブル名を付けて保存します。

これを繰り返して、地名・整骨院・補足系キーワードの3つのテーブルを作りました。

なお整骨院テーブルには、「整骨院」「接骨院」「ほねつぎ」などのキーワードが、また、補足系キーワードテーブルには、「安い」「おすすめ」などのキーワードが入っています。

 

ちなみに補足系キーワードに、空行を入れています。こうやると、2語だけの掛け合わせも同時に作れます。

access015

2. クエリを作る

クエリとは、掛け合わせをするための命令文です。「クエリを作る」とは「掛け合わせの命令文を作る」という意味です。

ただし命令文と言っても、今回はとにかく全て掛け合わせればOKですので簡単です。

 

「作成」→「クエリデザイン」をクリックします。

access006

 

テーブル一覧が表示されたら、全てのテーブルを「追加」してください。

access007

 

このようにテーブルとフィールド一覧が表示されますので、それぞれのフィールドをここへドラッグして並べます。

access008

3. 実行する

「実行」ボタンをクリックすると、掛け合わせの結果が表示されます。

access009

access010

2語の掛け合わせも出来てますね。

access010a

あとはコピーしてExcelやAdWordsEditorなどに貼り付けてください。

どうです?実際やってみたら簡単ですよね!

補足情報

キーワードに+を付けて絞り込み部分一致にも出来ます。

access011
キーワードのテーブルに+マークを付けると、
access012
クエリの結果に反映される

 

この細い部分をつまんで左右にドラッグすると、フィールドの順序を変更できます。

access013

 

データのソート指定はここで出来ます。

access013b

 

今回はデータを準備する際にAccessのテーブルに直接コピペしてますが、エクセルのシートを「リンク」すると、Excelで修正したものがすぐにAccessに反映されるようになります。データの一元性が保てますし、データの修正が多い場合などはこちらのほうが良いでしょうね。

access016

 

Accessではレコードセットのサイズは最大1GBという制限のようです。例えば1レコード2KBだとすると、50万件くらいいけるっぽいですね。

最後に

さていかがでしたでしょうか。

キーワードの掛け合わせ作業自体は単純なものですから、こういうのはコピペ一発で出来るようにしておけば、頭を使う作業の方にリソースを割けると思います。

Accessを持ってないという方は、MySQLやPostgreSQLなど他のRDBMSを使っても同じことが出来ます。しかしキーワードのインポートが面倒ですし、SQL文が手書きですし、環境によっては文字コードの問題も出てきたりしますので、買っちゃっても良いと思います。最近Accessって安くなりましたよね(とか言いつつまだ2010を使ってますが…)。