インターネットで集客をする際にとても有効な手段のひとつがリスティング広告(インターネット広告)です。

弊社ではリスティング広告による集客支援や売上改善の案件もお受けしますが、「リスティング広告とはどのようなものなのか?」というご質問が多いため、まずはその特徴とメリット・デメリットをまとめました。

head_listing_ads

リスティング広告ってどんな広告?誰でも出せるの?

みなさま、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索をした際、検索結果の画面に広告が表示されている事にお気づきでしょうか?

Googleで「別府 温泉」で検索した結果

よく見ると【広告】というマークが付いたものが上位に表示されています。これがリスティング広告(の中の検索連動型広告)です。

シェアが大きいのは、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)と、Yahoo!プロモーション広告のふたつです。

また、ブログやニュースサイトなどで画像の広告をご覧になったこともあると思います。

display_ads_sample
ディスプレイ広告の例

こちらはリスティング広告の中の、ディスプレイ広告と呼ばれるタイプのものです。

基本的にどんな事業者さまでも広告が出せます。大手広告代理店と契約してたくさんのお金がかかる、なんてことはありません。「広告枠があるのは知っていたけど、自分の会社でも出せるなんて知らなかった」という事業者さまがたくさんおられます。

リスティング広告の良い所

探している人に、探している時に、自社の広告を見てもらえる

広告はタイミングがとても重要です。検索連動型広告は、ユーザーが物を探している時、まさにそのタイミングで広告を出すことが出来ます。

例えば「大分市 1LDK ペット可」というキーワードで検索しているユーザーがいるとします。この時、大分市内で1LDKでペットが飼える物件の広告が出ていたらクリックしてもらえるでしょうし、物件を見に来てくれる可能性も高いです。

みなさん、日常の中で広告に接した時のことを思い出して下さい。

ポスティング広告は見る前に捨てられ、雑誌の広告などはページを読み飛ばされ、街頭で配るチラシは受け取ってもらえないのが普通です。広告というものは、良い悪いを判断してもらう前に「まず見てもらう」というところがものすごく高いハードルなのです。

しかしこの検索連動型広告は、ユーザー側から見に来てもらえる。そう考えるとこの広告がいかに素晴らしいかがお分かりいただけるかと思います。

広告費がいくらかかって、いくらの売上につながったかが分かる

adwords_screen
GoogleAdWordsの管理画面(値は全てダミー)

リスティング広告は、どの広告が何回表示され、何回クリックされ、いくらの売上につながったかが分かるようになっています。

これはとても画期的なことです。チラシなどでは分からなかった広告効果が、正確に把握できるのです。効果が出ているのはどこか?予算をどこに振り分けるのが良いか?など、画面を見ながらリアルタイムに調整できます。

お金がかかるのは、ユーザーがクリックした時だけ

クリック課金制といいまして、広告が表示されただけではお金はかかりません。クリックした時だけ、1クリックいくらというお金がかかります。

この1クリックにいくらまで払えるかはあらかじめ設定できますし、一日の最大予算も決められます。したがって「思いがけないお金を請求された」なんてこともありません。

なお金額はキーワードなどによって異なります。競合の少ないキーワードですと1クリック30円程度なんて事もありますが、競合が多くなるにつれ、100円200円…と上がっていく傾向にあります。

自然検索よりも上位に表示される

広告ではない純粋な検索結果のことを、自然検索といいます。

検索連動型広告は、自然検索よりも上に表示されます。例えばSEO対策が出来ていない、作って間もないサイトにもユーザーを呼ぶことが出来ます。

検索連動型広告は、自然検索結果よりも上に表示されるため、目につきやすい

ですので、クリックがコンバージョン(売上や来店のこと)につながりやすいビジネスにおいては特に、リスティング広告の重要性は高いと言えるでしょう。

1万円などの小さい予算からでも始められる

これはまさに小規模事業者さまや個人事業主さまにはありがたいでしょう。「どれくらい効果があるかわからないから、少しの金額から始めたい」という方にはピッタリです。また逆に「たくさん売れても困るから少しだけ出したい」という場合にも適しています。

リスティング広告の難しいところ

運用の手間がかかる

リスティング広告がチラシや新聞広告など他の広告媒体と最も異なる点は、「運用」が必要だというところでしょう。

チラシは言ってしまえば「出したら終わり」です。あとはお客さんが来るかどうか、商品が売れるかどうかを待つばかりです。

しかしリスティング広告は、出すまでの準備も大変ですが、出してからも手間がかかるのです。

日々上がってくるデータを見ながら、「このキーワードの入札を上げよう」「こういう広告文を出してみよう」「こんな場所に出してみてはどうだろう?」など改善を繰り返していきます。この改善フェーズいかんで成果が伸びたりイマイチだったりするのです。

さらにリスティング広告のシステムも複雑ですので、運用の前にこれらの仕組みを理解しなくてはいけません。仕組みが分かっている人が運用するのと、そうでない人が運用するのとでは、結果に大きな差がでるのは言うまでもありません。

つまり、「誰がどう運用するか?」も成果に大きく関わってくるということです。

事業者さまが自社内でリスティング広告を運用する場合、最初にキーワードと広告文を入れたら、あとは放ったらかしという事も多いでしょう。ノウハウがありませんし、手間もかかります。

リスティング広告の一番のネックは、この運用の手間でしょう。

facebook広告は大分のローカルビジネス事業者さまに最適

近年はさまざまなメディアが現れ、そこに広告を出せるようになりました。

基本的な仕組みは似ていますが、ターゲットとなるユーザーが異なるため、自社のサービスに適した媒体を選択しましょう。

また掲出面が増えると予算が分散してしまうという問題もありますので、まずはしっかりと戦略を立て、優先順位に従って運用していくのが大切です。

その中でも私は、大分のローカルビジネス事業者さまにfacebook広告を強くお勧めしたいです。

facebook広告の素晴らしい点

広告は「誰に出すか?」がとても重要です。ターゲットとなるユーザーに見てもらえなければ、全く何の意味もありません。

facebook広告が、他の広告とズバ抜けて優れている点はなんと言っても、

「住んでいる地域」

「年齢・性別」

「趣味・関心事」

などのターゲティング精度が非常に高いという事です。なにしろfacebookのユーザーは、個人情報を自分で入力しているわけですから、その正確さは他では真似できません。

広告を出す側はこれらのデータを利用して「大分県に住む35〜40歳の独身男性だけにスポーツジムのキャンペーン広告を出す」なんてことができるのです。

facebookのユーザー層と刺さりやすい価格帯

facebookはLINEやInstagramなど他のSNSと比べると、30代〜50代のユーザー比率が高いです。

もし御社がこのユーザー層に対しての商品やサービスをお持ちなら、facebook広告はまさに適役と言えるでしょう。

またどんな業種でも出せば良いというわけではなく、facebookのユーザー層に合った業種が適しています。

安さを全面に出した広告も悪くありませんが、30代〜のユーザー層へ向けた、少し高めの価格帯の商材・サービスもとても良い成果を出しています。

  • 20代男性に向けた、求人広告
  • 30代〜50代の男女ユーザーにスポーツジムの広告
  • 30代〜の女性向けエステや美容室の広告
  • 30代の独身男性に婚活パーティーの告知
  • 40代の女性に向けた、個室整体院の広告
  • 35歳〜男女ユーザーに向けた、中学生向け学習塾の広告
  • 30歳〜の女性へ、飲食店の女子会プランの広告
  • 35歳〜男性に向けた、デート向けおしゃれなバーの広告

facebook広告でリアル店舗の広告が効果的なのは、ユーザー心理にある

facebook広告とローカルビジネスの親和性はとても高いです。

その理由を私は、「facebookを見ている時のユーザー心理が、現実モードだから」だと考えています。

例えば、YouTubeで「フィリピンでのスカイダイビング動画」を観ている時、大分で開催されるマーケティングセミナーの広告が出てもクリックしてもらえません。

ユーザーの気持ちと広告に段差があると上手く行かないのです。

しかしfacebookを見ている時、ユーザーの気持ちは現実モードです。実際の友達が昨日どこに行った、何を食べたなどの投稿を見ている時に、地元レストランやサロンの広告が出ていたらどうでしょう?

この時はユーザーの気持ちと広告の間に段差が無く、興味を持ってもらいやすいですし、クリックもしてもらいやすいです。

弊社の今までの経験上、ローカルビジネスの広告がfacebookで効果を出しやすいのは、ここに理由があるのではないかと考えています。

広告費がいくらかかって、いくらの売上につながったかが分かる

facebook広告は他のリスティング広告と同じく、「この広告はいくらの効果があったのか?」が分かります。

この図は2015年の春に、ある整体院で行われたお試しキャンペーンの実例です。

lp_001_seitai

ご覧ください、こんなに細かいデータが取れるのです。これはチラシ広告などでは無理な話でしょう。

これによりますと、広告が181回クリック→6人のお客さまがお試しにご来院→そのうち3名がリピーターとなりました。

広告費は1クリックあたり58円でした(安!)ので、かかった広告費は合計で10,455円でした。

つまり3,500円でリピーター1名を獲得したということです。これであれば充分採算が合いますね。

1回の施術あたりの売上が6,800円でしたので、3名がリピーターとなった時点ですでに広告費は回収。それ以降のリピート分は丸々収益となります。

facebook広告は、どういうところに表示されるの?

広告が出る場所は大きく分けて2ヶ所です。みなさんもご覧になったことはあるかと思います。

ひとつはタイムラインの投稿と投稿の間に表示。スクロールで流れてしまいますが、サイズが大きいのでインパクトがあるのと、投稿の間に出てくるので必ず目に止まるという特徴があります。

lp_002_fbad1

もうひとつは画面右側に固定表示です。サイズが少し小さいですがスクロールしても流れません。

lp_002_fbad2

大分は今がチャンス

大分の事業者さまはまだ、facebook広告を出していません。

競合が増えると入札単価が上がってしまうため、今のうちに始めることを強くお勧めします。