営業時間:9:00〜17:30(月〜金)

マーケティングとは何か?を理解しよう


マーケティングとは何か?を学ぼう

マーケティングって何?

突然ですが質問です。
マーケティングとは何でしょうか。

・・・そう尋ねられて、「マーケティングとは〇〇です」と答えられるのは、普段からマーケティングの仕事をしている人くらいのものです。

そもそもマーケティングと言っても、その人の立ち位置やビジネスの状況などによって、その答えはさまざまです。
ですのでこのページでは、広く誰にでも当てはまるマーケティングの定義、その最大公約数的なものをご説明します。

これがなぜ大事なのかというと、今後マーケティング施策の取り組みをする中で、きっとあなたのアイデアの助けとなると確信しているからです。

例えばマーケティングの企画の締め切りが近いのに、なかなか良い案が出ない時。ありますよね。
そのような時、このページで説明する「マーケティングとは〇〇です」という定義を思い出してください。

マーケティングの本にはこのように書かれています。

マーケティングとは、顧客ニーズや顧客満足を中心におきながら「買ってもらえる仕組み」をつくる活動である。
※「MBAマーケティング(グロービス経営大学院著)」より引用

素晴らしい定義だと思います。
ただちょっと難解で、これをそのまま現場で役立てるのは少し難しそうです。
もう少し簡単で、もっと多くの人に理解してもらえる言い回しを探ってみます。

間違っているマーケティングの定義

皆さんの中にはもしかすると、マーケティングとは、

  • 伝えたいことを伝えるテクニック
  • 売りたいものを売れるようにするテクニック
  • ブランディング

・・・などだと思っている方がおられるかもしれません。
しかしこれは間違いです。

実はマーケティングをそのまま説明しても、なかなかピンと来づらいです。
ですのでいったんマーケティングと逆の概念を使い、それと比較することで、分かりやすく説明します。

セリング・セールスとは逆

マーケティングと逆の概念とは、セリングです。
セリング、つまりセールスです。

セリング・セールスとはご存じの通り、自分の手元に商品やサービスがあり、それを相手に売るための活動のことです。
自分から相手に対してアクションを起こすので、行動の主体は自分にあります。

一方マーケティングでは、まず相手を決め、その相手が欲しいものが何なのかを考え用意します。
相手が欲しいものを、わざわざ用意するのです。
そして相手が欲しくなったタイミングが来た時、あなたのお店で買ってもらえるように準備しておくのです。

これがマーケティングです。
セリングとは逆で、行動の主体は相手にあります。

つまりセリングは、売るための活動。逆にマーケティングは、買ってもらうための活動です。

ただ実際は、セリングとマーケティングが、必ずしもくっきり分かれているわけではありません。
セリング寄りのマーケティングや、マーケティング寄りのセリングなどもあります。
しかし基本的な考え方としては、これで良いでしょう。

マーケティングとは「誰に?」を決めること。

マーケティング活動の最初の一歩は、まず相手を誰にするのか?を決めることです。
これを「ターゲティング」と言います。
ターゲティングを誰にするのか?で、その後の取り組みが全く変わってきます。

なぜターゲティングが必要なのでしょうか?
それは、ターゲットに対して深く刺さるメッセージが届けられるようになり、その結果、購入してもらえる可能性が高まるからです。

しかしここで疑問があります。
わざわざ対象を狭めなくても、みんなに当てはまるメッセージだったら、みんなが買ってくれるのではないでしょうか?

これについては明確にNOであると言えます。
みんなに当てはまるメッセージは、実は誰にも届かないのです。
人は、「これは私向けの情報だ」と感じて初めて、その情報に目を向けてくれるからです。

例えば、すでにお茶屋さんをされているのでしたら、「お茶を飲む人全員」ではなく、その中でも「苦いお茶が好きな人」「健康のためにお茶を飲む人」「贈り物でお茶を探している人」など、あなたのビジネスに関係ある範囲の中から、相手を誰にするのか?を考えましょう。

そうすると、苦いお茶が好きな人は、その人向けのメッセージを見た時に、とても興味を示してくれます。

ウェブサイトがマーケティングと相性が良いのは、さまざまなターゲットに向け、それぞれのページを作れるという点にあります。
つまり「苦くてオススメのお茶のページ」「健康志向の人向けのページ」など、そのターゲットに1対1で向き合うページを作れ、しかもそれぞれのターゲットを的確に、それぞれのページに来てもらうようにできるのです。

ターゲットごとに誘導先を調整

相手が決まれば、その人がどういうものを欲しがっているか?は考えやすいです。
そして、どんなところにどんなメッセージを置いておけば相手の目に留まりやすいか?も分かるでしょう。

つまり相手を誰にするか?を決める事こそが、マーケティングそのものです。

マーケティングとは「誰に?」を決める事なのです。

「ネット集客したいが、やり方が全く分からない」 とお悩みのあなた。
今すぐこちらからご相談ください。ネット集客アップ施策をご提案します。

> お見積り・お問い合わせ
ページ上部へ